目黒区鷹番で肩の痛みを解消するなら

肩の痛み解消専門
学芸大学整骨院

温めるか冷やすか
2019年12月24日

みなさんこんにちは。みなさんは身体のどこかを痛めた時、温めた方がいいのか、それとも冷やした方がいいのかご存知でしょうか?今回はそちらの違いについてお話させていただきますね。

 

先日、当院の利用者さんからある質問を頂きました。「高い所にある物を取ろうとしたら、急に首から肩にかけて痛みが出てきたのですがどうすればいいでしょうか?」急な痛みが出た時には、その部分に炎症を起こしていることがほとんどです。急性な炎症に対しては、まずアイシングが必須です。冷やすことで血液の流れが滞るので、炎症は軽減します。また、肩の感覚を麻痺させるため肩の痛みが感じにくくなります。氷嚢やアイシングシートを使用することでしっかり肩を冷やしてあげることが出来ます。持っていなくても、氷をビニール袋などに入れてあげたら簡易的な氷嚢を作ることが出来ますので、首や肩に急な痛みを感じた際にはしっかりアイシングを行いましょう。炎症が落ち着いたら、血液の流れを良くするように、しっかり身体を温めていきます。温めてあげることで肩周りの筋肉のバランスが整えられて、痛みや疲れを溜めにくい身体に変えていくことが出来ます。このように、温めた方がいいのか、冷やした方がいいのか、痛みの具合によってしっかりケアをしていきましょう。

 

学芸大学整骨院では、身体の症状に合わせて施術を行っていきます。セルフケアのアドバイスなどもしておりますので、興味ありましたらお越しください。

 

過去のブログをみる

院情報・地図

院名

肩の痛み解消専門 学芸大学整骨院

所在地

〒152-0004
東京都目黒区鷹番2-15-12

地図

電話番号

03-6712-2500

受付時間

営業時間
9:00~12:00 -
15:00~19:30 -
9:00~13:00 - - - - - -

【定休日】土曜午後、日曜日、祝祭日

予約について

予約優先制

TOPへ戻る